建築

2013年3月 4日 (月)

え!もう3月!!!

え?
もう3月!?


今年度もあと4週間じゃないですか!


光陰矢のごとし・・・・。

今年度ももう終わりじゃないですか!!!!


やべぇ・・・・。



R0023569

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

時計台@札幌

今日は時の記念日ちゅーことで・・。

札幌の時計台のうんちくを2つ。
Imgp4227

まずはあの時計!

時計部分の建築ですが
建物ものを造って後から時計をいれようとしたが
最初の設計では時計の機材が大きすぎて入らず
明治14年に作り直したやっと入れたという・・・。

なんちゅー行き当たりばたり・・。


次にその時計は何で動いているか?

節電が叫ばれる中、
な、なんと
未だに・・・、

おもり!!!

更に2週間に1回、人力で巻き上げているという!!
なんちゅーエコ!


いやー知ってました?
すごいですね時計台。
Rimg6216





建築メモ
 建築:明治11年 1878年
 構造:木造2階建
 指定:重要文化財
 住所:中央区北1条西2丁目
 特長:旧札幌農学校の兵学訓練のための演武場。
    時計部分の建築は、時計を入れるため明治14年に作り直し
    1、2階に比べて大きくバランスが悪いが、
    それが逆にシンボル化。(;^_^A
    今でも、時報代わりにゴーン、ゴーン鳴るのがお馴染み。
    時計は、アメリカ合衆国ボストン市ハワード社製で、シリアルNo.738。
    重錘振子式でおもりの巻き上げは2週に1回人力です。

  
写真はPENTAX K-m RICOH GR-D

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月31日 (火)

札幌 旧王子サーモン取壊し

向かいは、大型モントレーのエーデルホフ。
横は駐車場。
手前の通りは車がひっきりなし。



今じゃ殆ど目立たないのだよねー。

この建物。


建築は昭和24年、
戦後生まれの旧王子サーモン(札幌)。

Imgp8557


切り妻屋根に木骨の茶色のレンガ造り、
戦後の昭和生まれなのに
大正ロマンか明治維新か?
なんだか時代錯誤な建物。



今年の2月2日から、ついに壊されるとの
報道です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120131-00000012-mailo-hok



毎度毎度の札幌市、
壊した後はやっぱ駐車場かなーー(汗
それだと
何だか夢がないって思いませんか?


れっきとした、
さっぽろ・ふるさと文化百選なのだが、
これもやっぱり壊されるので・・・・
既に百選なんかありゃしないのでは・・・。
(既にかなり壊されているしね)


それはそれで、
また一つ面白き建物が無くなります。




○建築メモ
 建築:昭和24年 1949年
 構造:木骨レンガ2階
 住所:札幌市中央区北1条西1丁目
 特長:元々は、伝雪印乳業研究所であり、
  ホルスタインの研究所。昭和の50年代には、
  まだサイロがあったとの事。

  北海道ホルスタイン農協や王子製紙が所有し、
  現在は6社の共同所有。

  木骨レンガ造りで、玄関は札幌軟石による、
  ルスティ積み。
  煙突が尖っているのは鳥の巣よけですが、
  そんな所に巣を造るとソッコー焼き鳥w








にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村
 

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

石狩灯台

石狩市の海辺。

前に撮った写真見てたら、
アップしてみたくなったので。

脳内でspitz 渚 でも再生してくれれば(笑

Imgp3084
PENTAX K-m




Imgp3087
PENTAX K-m




Imgp3088
PENTAX K-m




Imgp3097
PENTAX K-m




Imgp3216
PENTAX K-m




建築メモ:石狩灯台
 建築:1892年 1907年改築 1998年現在地に移設
 構造:鉄製円柱。塔高14m 灯高17m
 住所:石狩市浜町
 特長:初点は明治25年。北海道に現存する最古の灯台。13海里まで光を届けている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

冬の旧有島武郎邸

日差し、浴びたいですねーー

散歩しながら暖かい日差しを
浴びたいですねーー

冬の日差しをうける、
芸術の森横切ってたら・・・、

正に旧有島武郎邸が、冬の日差しを浴びてました。
Imgp8109
PENTAX K-m ISO400 1/1600 F8 40mm




Imgp8140
PENTAX K-m ISO400 1/1000 F5.6 50mm




建築メモ
 建築:大正2年 1913年
 構造:木造、腰折れ屋根
 住所:札幌市南区芸術の森2丁目
 特長:札幌農学校教授時代の有島武郎の住居。
  有島氏後は、農林中央公庫、北大職員寮や大学院寮などに使用される。
  腰折れ屋根が特長であり、屋根裏が実質2階となっている。
  腰折れ屋根はギャンブレル屋根とも言い、この方式が大正から札幌で流行しており、
  現在も古い民家で多く残っている手法。
  現在の建物は復元品であるが、当時の屋根の色や裏口が不明であり、
  正確な復元に至らなかった模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

黄金色の公営住宅

札幌冬季オリンピックの遺産。

真駒内選手村の後の公営住宅。

今、はやりの外壁工事を終えたら金色に!!!
Rimg7835
Caplio GX100 ISO100 1/1410 F5.5 10.5mm -0.3EV





この住宅、白壁なのに
朝日で金色にひかるんだよねーマジで



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

豊平峡ダム

紅葉シーズンのお約束

豊平峡ダム・・・
いろんなブロガーさんがUPしてますので
行ってみようと・・・


実は初めて行きましたよ。


めちゃ怖いがな・・。

多分紅葉はピークから終盤線。
今年は紅葉がイマイチなので、
ちょっぴりブースト仕上げの写真にしてみました(汗
Imgp3600
PENTAX istDs2 ISO200 1/160 F8 13mm TamronA14


Imgp3596
PENTAX istDs2 ISO200 1/320 F7 65mm TamronA14


Imgp3614
PENTAX istDs2 ISO200 1/80 F7 48mm TamronA14



紅葉ばっか撮ってないでダム行けよ!!

ダム・・

ダム怖くて近づけませんがな・・

それでも乗ってみました・・(冷汗

ダムの上で撮った写真は見事に手ぶれましたので(苦笑
引きの写真を・・

Imgp3592
PENTAX istDs2 ISO200 1/200 F7 28mm TamronA14



スペック

昭和40年に着工し、昭和47年完成
アーチ式コンクリートダム(道内では2基のみの構造で最大)
高さ102.5m
堤長305m
総貯水量47100千m3(ペットボトル・・26,666,666,667本分 笑)
100万都市札幌の水道水の98%を供給

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

日本生命札幌ビルショップゾーン

HP等のまとめてみると
ビジネス・商業等の多様な都市機能を有し、ビルと自然環境のコントラストが特長の建物。
東京・丸の内のような空間を有した、スタイリッシュな上質感を提供する商業ゾーンが今年開設。
という事でやっとその丸の内のような空間へ行ってきました。
Imgp7258
PENTAX K-m ISO400 1/20 F5.6 spot SMC M 28mm


Imgp7257_1
PENTAX K-m ISO400 1/20 F5.6 spot SMC M 28mm


たしかに丸の内の商業スペースを有したオフィースビルの風情があります。
Imgp7244
PENTAX K-m ISO400 1/20 F5.6 spot SMC M 28mm


Imgp7245
PENTAX K-m ISO400 1/20 F5.6 spot SMC M 28mm


Imgp7264
PENTAX K-m ISO400 1/13 F5.6 spot SMC M 28mm


お店あんまり写してませんが、
カフェ、インテリア、食事・・楽器店などあって!まぁ洒落てますよねー。
Imgp7273
PENTAX K-m ISO200 1/8 F5.6 spot SMC M 28mm


いちおう撮影禁止の掲示は無かったけど、撮ってよかたのかな??
私の腕では、スタイリッシュさが多分伝わらないのですが・・、
新しい札幌の商業スタイルとなれるか、
面白い存在ビルです。



毎度、ランキングにポチット一票ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

旧北部軍司令官官邸:北海道の建築物

月寒を走行していると木陰にひっそりとたたずむ洋館が・・。
近づいて見ると、「つきさっぷ郷土資料館」と木の看板。

でも雰囲気がどこか違う、何かが違う。
それもそのはず、この建物旧陸軍の司令官官邸だったのだ。
Imgp8972
PENTAX K-m ISO200 1/125 F8  28mm CWA SMC M 28mm


Imgp8978
PENTAX K-m ISO200 1/125 F8  28mm CWA SMC M 28mm


旧 北部軍司令官官邸
建築:昭和15年 1940年
構造:レンガ造地上2階
住所:豊平区月寒東2丁目3
特長:
 赤いレンガに白の壁がいかす洋風な建物。
 玄関の柱が異様に太く、やはり戦時を意識した建物なのだろう。
 札幌の月寒には、旧陸軍歩兵第25連隊が配備されていて、付近には、旧軍の施設や史跡があるとのこと。
 終戦とともに進駐軍に接収され、昭和24年から59年までは、北大の学生寮となっていたが、現在は、つきさっぷ郷土資料館として旧陸軍資料等が展示されている。



窓に変なものが写っていたらやだなーと思うそんな小心者の私に、
毎度、ランキングにポチット一票ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

旧小熊亭:北海道の建築物

現在のろいず珈琲館ですが、
初めて見た時に、あれライト?って思うじゃないですか。

それもそのはず、札幌では有名な建築家
F.Lライトの弟子という田上義也の設計じゃないですか!!
でも何でこんな所に?
Imgp7292
PENTAX K-m ISO100 1/250 F8  35mm CWA +0.5EV


Imgp7293
PENTAX K-m ISO100 1/350 F8  23mm CWA


建築:昭和2年 1927年(オリジナル) 平成10年(復元)
構造:木造地上2階
住所:中央区伏見5丁目(ロープウェー乗場手前の丘)
特長:
 水平性を強調した壁、鋭角的な屋根と深く張り出した軒、幾何学模様が入る窓。
 一見しただけでライトの影響が感じられる建物です。
 (中は喫茶店で気軽にコーヒー飲めます(笑)
 ただ、木造であり小型な建物なので、ライトと比べると圧倒される感じはありません。
 実は、現存するこの建物は、田上氏設計のオリジナルのレプリカであります。
 オリジナルを解体し部材を1/10程度使用し場所を移して再築されたんですね。

Imgp7299
PENTAX K-m ISO100 1/180 F8  35mm CWA

 ちなみにオリジナルの設計者田上氏は、エゾライトとも言われますが、間違えなく日本の建築家の一人ですね。


毎度、ランキングにポチット一票ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)