« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月の6件の記事

2016年10月21日 (金)

安定の偉大

一昨日の晩ですが
三歳のうちの娘が突如
「明日、雪降んだって」と
言い切りやがりました。


突然のその宣言は
何を根拠に?
謎の予言です。


って昨日、
昨晩ですが札幌雪降始めました!!!
道路はシャーベットで
つもり始めています。


何が流石ってそりゃ雪虫ですねー。
今年もやっぱり振りました。
安定感、流石です。



というところで素敵な風景を
Imgp1505

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自覚はあります

今日は、ブラックサイドです。


実は一つ今到達していた心境があります。


これは実は5年前、
あの震災対応を経験し、
またその分門で今後の数年間をきめる、
あるプロジェクト全体を取り仕切ることとなり、
そんな状況のなかふと芽生えました。


この部署・部門に
「自分には責任がある。」という自覚が
突然に。

P7080024




そしていずれまたこの部署には絶対戻って
その責任の続きを担う必要があるんだー。
と直感的に思いました。


もともとそんなに実は
部署や部門には責任があるとまでは
思ってませんでしたが、
そうじゃなく、
多分、
仕事って
責任をもって誰でもやっていると思うのですが、
それを部門に対する責任として捉えているのって
誰もいないんじゃないだろうか?って、
この部門に対するそれって
もしかして私くらいしか
居なくなっているのでは無いかと。


自惚れじゃない自覚が芽生えました。
それまでは、
この部署でぶいぶい言わせる
ただの若手で
それは自惚れでもあったと思いますが。

P7080096



この後に、
他の部門で部下を持つのですが、
今年、当時の直感どおり
やっぱりこの部署・部門へ帰ってきました。


帰ってきてこの半年間、
ある意味、
何のんびりしているのかとか、
本社に帰ってきたから落ち着いてないか?
とかいう目もあるのかもしれませんが、
そうじゃないです。
これは断言できます。

今の自分が
この部門に対してやらなきゃならい事が
わかり始めています。
(ってなんかTV版ZGの後半の
「元通りにはならないさ、
俺は自分の役目が分かってきたから」って言う
悟りを開いたカミーユのようですw)
P7200035span sty



世代が大きく変わって、
仕事にシラそうな人が多くなってしまったこの部門は、
抜本的にかき混ぜる必要があり、
それにはまず
足場をしっかり固める必要があります。


少なくとも突撃中に
部下や周りに裏切られることは
あってはなりません。


まずはボトム固めに半年かけました。
今、始めたのは
あるグループへの切込みです。


ここが無血で切り崩し
意識の改革ができれば、
まずは一つの課題はクリアー。


そんでやっと
この部門への責任を果たすべき
次の段階へ行けそうで、
やっぱりこういう事、
ちゃんとやらんとならんかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月18日 (火)

五天山公園入口

先週末雪虫でましたーー!
札幌市街地でも雪ふるかもしれません。
と言っても、2匹程度。
のっこり降る訳ではないかもしれません。
公園まわりもお終いかな・・


今年の夏は、
毎週のように札幌市内の公園にいきまくってました。
ここは五天山公園。

Imgp1345





手ぶらで行っても
バーベキューができるんですねー。
肉とか公園内で売ってるというけっこう広い公園。
遊具もそこそこありますが、
いまいちなんだか子供はさっさと飽きてしまいましたねー。

Imgp1373
 



なんだろう。規模に対してコンセプトがまばらなんで。


Imgp1368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

問題の一つは自然消滅

あるグループがあったとして、
そのグループのある人が
自分より飛び抜けた成果をあげないように、
その環から誰も抜け出さないように
コントロールしようとすることはよくある話。
本当よく出会う状況。


いつもそんな部署に配属される事が多いので
その状況自体はそんなに問題としていないが、
今回の原因は結構複雑怪奇。
直感的にかなりの違和感。


仮定として、原因の中心者が
数十人に一人のサイコパス気質者だとしたら・・・。



いよいよ先週からそのグループにメスを入れた。
一人ひとり個別に切り取る作戦で事を始めた。


思ったよりも、状態は酷い。
30代中から後半の人材で作られたそのグループは、
まるで大卒ルーキーの状況。
個人個人は真面目であっても、
精神、技術、何もかもが退化している。
いままでーーー特に本社に来て数年間、
一体何をして来たんだろう。
何を教えられて来たんだろうーーー。

P7080113



しかし、その担当者は違った。
グループのメンツは放おっておいて
自分一人はこのメスが入らないように仕事を仕上げてきた。



真性サイコかもしれない。
これはあたりだ。真性でなくてもサイコだわ。
それならいろいろ理解できるがーーー厄介だ。



やはりそいつが可哀想とか
何とかしてやりたいとか思ってはだめなようだ。危険すぎる。



だがしかし、
この心配は今月末で終わることになった。
問題点、
かなり手強いと感じる要因が一つ消えた。
自然消滅。



やはり、そろそろ、やらなければならないのか?
というか、
私はやはりそいう役目があるのかと。


そのグループこれからも、しっかりメスをいれさせて頂く。
 

P7200024



まずは立て直し、抵抗勢力、とんちんかんな上司達、
独立できない三十代、能力が固定化し始める年齢、

時間がかかりそう。


来週、そのグループの若者つれて上京します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月14日 (金)

職場潜むアレ

社会に潜むサイコパス。
今回の仕事の問題の一角に
サイコパス気質のものがいるとして、
流石にこれには手を出せない。


真性サイコパスでないにしても、ニア。
多分、サイコパス気質。

P8290118




私は直感を信じている、
違和感があってそいつは頭がいい。
感情は薄っぺらい。
口は達者。
周りのそれは見えていない。
正直さのかけらもない。
衝動的にで反組織。
冷めたアレ。
でも、仕事はする頭すごく良いのであろう。

P7200067




Dr.Feelman says to you・・・
これはなんとかしようおもってはいけない。
なぜならそれはサイコパス。
たしかに下部をつくっているよう。
上辺の発言がそのグループを支配している。
正直、こちらとしてはガン。

P9140533




なぜならそのグループが停滞しているのは、
そいつがサイコパスだとして、
自分より抜け出すことがないようコントロールしているのだろう。
そうこれが私の直感が感じていること。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 6日 (木)

札幌戻って半年終了

月日がたつの早いもので、
もう半年。


夏頃クレーンが入った
札幌中心部の再開発現場は
サクッとここまで進んでいました。
P9300101

帰る頃には
外は真っ暗。


なまら速いべや。
P9140533

さてさて札幌に
そして仕事は
この部署に帰って来まして約半年。


何が問題かは掴めていますが、
今回はいつもに増して重い。
かなり手強い感じですね〜ー。
どうしてくれようか、って感じです。


そんな事でしばらく
ブラックサイド書きそうです。


ですが、
さてその前に

そもそも、
普通の記事が書けません。



何故か?


アラフォーなってか、
色々感性が鈍って、
いや、
発見が、
驚きが、、、
何かなんだか失われている感じがします。


もしかすると
充電期間が足りなかったのかもしれない。


とにかく、
もう、
新鮮な事に気続く
アレがなくなって来た気がします。


仕事ことじゃありません。
ブログとか、
なんだとか。

仕事の方は・・・またそのうち?次回に?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »