« にニセコか?羊蹄周辺 | トップページ | 今朝 寒いよ札幌 »

2009年11月26日 (木)

道立文書館別館:札幌の建築物大正時代

赤レンガから大通に南下する途中のこの建物、
かなり傷んでいていつか壊されるのでは、と心配しております。

現在は一般開放していないのですが、
小樽市のように美術館にしたり、飲食店いれて観光客に解放して、
ついでに維持費でも取れば何も収入が無い今より良いのでは・・
な~んて、安全対策や改築費の方が高くつくか・・。

Rimg0324
Caplio GX8 ISO100 1/48 F4.7  CenterWeightedAverage -0.3EV


建築:大正15年 1926年
構造:レンガ及びコンクリート造地上2階地下1階
住所:中央区北1条東5丁目
特長:南西の角に面した塔状の建物を持つ、幾何学的な装飾がいかす建物。
    その昔は塔の天辺に三角の屋根があったらしいです。


こっちが今の入口・・ちょっと暗めです。
Rimg0305



昨年の冬の写真ですが南東の塔。近くでは気づかないが、なかなかどうどうとしてます。
Rimg4239



ブログランキング参加中ポチット一票ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

人気ブログランキングへ

|

« にニセコか?羊蹄周辺 | トップページ | 今朝 寒いよ札幌 »

建築」カテゴリの記事

札幌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46085/47679878

この記事へのトラックバック一覧です: 道立文書館別館:札幌の建築物大正時代:

« にニセコか?羊蹄周辺 | トップページ | 今朝 寒いよ札幌 »