« 疲れるぞー | トップページ | ピカンティ ホライズン »

2008年4月19日 (土)

函舘編1

いやー仕事で数日間函館にtrain行って来たっす。
桜は、ちょっとまだ早いのだが春の函館だ。


いきなり帰りの話であるが
函館駅で駅弁を選んでいたら
あるじゃないですか!


ミガキ二シン弁当!!restaurant

D1000003

二シン3切(半身分位)に数の子3辺。
弁当で食うならちらし系より断然煮魚・焼魚fish!!


でも北海道沿岸では、
あまり二シンは、採れなくて
外国産を持ってくる状態。


よく駅弁にしたもんだ!
しかも840円!
他の駅弁よりずっーと安い!
(ー個1000円オバーだらけ)


値段が安い輸入魚と言ば、
今をときめく話題の中国か
北朝鮮産か?
せめてロシア産であってほしい・・・


などという考がえよリも
ニシン食いてー
の衝動で
即行購入


1000円札で、できたお釣りで
サッポロビールのお茶を買って
北海道セット完成!
D1000001
いいんでないかい!?


話しはかわるが
ニシンと言えば
寿都町の大谷旅館!!


宿泊しなくても
昼食かたべれて、
魚がうまい
ナイスな食堂。


あーあそこの
二シンfish焼いた定食は
いかったなー(良かったの意


とにかく
現在の北海道で
二シン採れるのは、
日本海側の一部と
苫小牧港の極めてせまい範囲であり
輸入物にたよる状況でも
何故か
旨いニシンが
食べられる
さすが北海道だべや!!

|

« 疲れるぞー | トップページ | ピカンティ ホライズン »

2008年」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46085/40921667

この記事へのトラックバック一覧です: 函舘編1:

« 疲れるぞー | トップページ | ピカンティ ホライズン »